FPGA/CPLD ホーム セミナ・ワークショップ 特別開催 インテル® SoC FPGA で実現する マルチ OS セミナー

インテル® SoC FPGA で実現する マルチ OS セミナー


インテル® SoC FPGA の CPU 性能 向上により、RTOS (リアルタイムOS) と Linux を同時に使用する要望が高まっています。
RTOS はリアルタイム性と信頼性が高く、独自技術を組み込むのに最適ですが、汎用的なインタフェースやファイルシステムなどはあらかじめ用意されている Linux を使う方が便利です。
両方の OS を最適に組み合わせることで、RTOS のメリットを生かしながら、Linux のメリットである開発工数の削減もできます。

本セミナーでは、代表的な RTOS ベンダー3社 と デバッガメーカー3社が一堂に会し、マルチ OS の現実的な実現方法とデバッグ方法に関して講演とデモ展示にて詳細にご紹介いたします。

またとない機会ですので、マルチ OS にご興味のある方はぜひご参加ください!!



開催概要

セミナー名

 インテル® SoC FPGA で実現する マルチ OS セミナー
〜 Linux と RTOS のいいとこ取り! 理想から現実へ 〜

対象者

インテル SoC FPGA で Linux と RTOS などの複数 OS を使う事を検討している設計者

受講料

無料!

主催

(株)マクニカ アルティマ カンパニー 、 (株)エルセナ

協賛

イーソル(株)、イー・フォース(株)、京都マイクロコンピュータ(株)、(株)グレープシステム、
(株)DTSインサイト(旧横河ディジタルコンピュータ)、
日本アルテラ(株) (インテル プログラマブル・ソリューションズ事業本部)、
日本ローターバッハ(株)

※五十音順



開催日程

会場

開催日時

定員

お申込み

新横浜

2017年7月11日(火): 13:00〜17:30(受付開始12:30)
新横浜会場(マクニカ第1ビル)

70名

終了

大阪

2017年9月26日(火): 13:00〜17:30(受付開始12:30)
マクニカ アルティマ カンパニー 大阪営業所

50名

受付終了




アジェンダ

時間
講演概要

13:00

13:05

「はじめに」

日本アルテラ(株) (インテル プログラマブル・ソリューションズ事業本部)

13:05

13:35

「SoC FPGA を活用したマルチ OS システムへの期待」

SoC FPGA にマルチ OS を実装することにより解決できる課題やメリットをご提示するとともに、マルチ OS を実現するためのアプローチについてご紹介いたします。

(株)マクニカ アルティマ カンパニー

13:35

14:15

「ハイパーバイザを使わずに実現する堅牢な RTOS と Linux の共存」

RTOS の eT-Kernel (イーティーカーネル)と eMCOS (エムコス)を使って厳しい起動・即時応答性能を求められるハードリアルタイムシステムを実現した上で、さらに Linux の持つマルチメディア機能を盛り込むためにシンプルな方法で Linux を追加で載せる方法を紹介します。

イーソル(株)

14:15

14:30

「RTOS と先進の Clang コンパイラを一体化した開発プラットフォーム SOLID の紹介」

開発プラットフォーム SOLID は、ARM® プロセッサで動作するリアルタイムOSである SOLID-OS と、Windows® パソコン上で動作する統合開発環境 SOLID-IDE から構成され、Cyclone® V SoC, Arria® 10 SoC に対応します。

SOLID-OS はオープンソース ITRON 仕様の TOPPERS/ASP3 カーネルを基盤とし、独自にメモリ管理機能やローディング機能の対応などを強化したものです。一方の SOLID-IDE は、VisualStudio® をベースに開発した統合開発環境で、エディタやビルダーそしてデバッガが含まれます。SOLID-IDE には実績が豊富な KMC 製 GCC コンパイラ(exeGCC)の他、新規に LLVM/Clang  コンパイラも含まれます。 SOLID では、SOLID-OS にデバッグ支援用として強化したランタイムと、SOLID-IDE に含まれる Clnag コンパイラの持つ充実した解析機能を連携させることにより、アドレスサニタイザ機能を実現します。スタック破壊などの実行時エラー検出機能や、またソースコードの静的解析機能など、豊富なデバッグ・解析支援機能を紹介します。

京都マイクロコンピュータ(株)

14:30

14:50

休憩 (デモ展示をご覧いただけます。)

14:50

15:30

「OpenAMPで実現する"Linux"と"RTOS"の共存ソリューション」

OpenAMP の仕様を採用する事により実現した "Linux"と"RTOS"の理想的な共存ソリューション。
本セッションでは、マルチ OS の実現方法、リソース配分、OS 間通信、起動方法などの話を交えながら、"Linux"と"RTOS"の共存ソリューションの開発手法を解説します。

イー・フォース(株)

15:30

15:45

「マルチOS等複雑なソフトウェアデバッグやテスト効率化 を実現するソリューション」

高速かつ大規模な SoC FPGA の登場でソフトウェアはより複雑化してきています。複雑なソフトウェアのデバッグやテストをより効率的に実現するデバッグ手法について、具体例を交えて解説/ご紹介します。

(株)DTSインサイト(旧横河ディジタルコンピュータ)

15:45

16:05

休憩 (デモ展示をご覧いただけます。)

16:05

16:45

「ThreadX+Linuxで実現するマルチ OS 環境」

米国 Express Logic 社が組み込み用に設計開発した高速かつコンパクトな リアルタイム OS 「ThreadX」を用いた、ThreadX と Linux の マルチ OS 環境 についてご紹介します。

(株)グレープシステム

16:45

17:00

「Cortex & Nios® II マルチコア・マルチ OS 対応 JTAG デバッグツールの紹介

Cortex®-A9 と FPGA 上の Nios II を1台の JTAG デバッグツールで実現。
標準装備の RTOS 認識機能および Quartus® との統合化機能を紹介。

日本ローターバッハ(株)

17:00

17:30

「マルチ OS 実装に最適な SoC FPGA のご紹介」

SoC FPGA は、FPGA の柔軟性と CPU 性能の向上により適応範囲が拡大しています。本セッションでは、高性能 CPU を搭載するインテル SoC FPGA の特長と採用事例を紹介します。

日本アルテラ(株) (インテル プログラマブル・ソリューションズ事業本部)

※アジェンダは変更させていただく場合がございますので、予めご了承ください。


↑ページTopへ戻る