PCB開発ツール -PADS (パッズ)-

PADS® のラインナップ

メンター・グラフィックスの プリント基板(PCB)開発ツール “PADS” は、最新機能を安価でご利用できます。
ラインナップは3つ。そして、最新機能を安価なオプションでご提供しています。

回路図入力と基板レイアウトの基本パッケージが 「PADS Standard」、更に検証機能を追加したのが 「PADS Standard Plus」 、そして ハイエンド PCBツール 「Xpedition」 の高速機能を追加したのが 「PADS Professional」です。

Hyperlynx や Flothermal などシェアの高い検証ツールを PADS 専用に制限することで安価な価格設定にしています。


特におすすめなのは 「PADS Standard Plus」!
Hyperlynx のSI/アナログ/熱解析の機能を搭載し、単体で購入する価格の数分の1とかなりお得。他社ツールで作成した回路図やレイアウトデータを取り込んで解析することが可能です。

PADS Standard

PADS Standard Plus

PADS Professional

他社ツールからのデータインポート
回路図設計
部品情報管理
部品作製ウィザード

PartQuestTM

PCB レイアウト
設計資産管理
DRC (Desjgn Rule Check)
DFM (Design For Migrartion)チェック
PADS AMSクラウド
差動ペア配線
等長、最小/最大長制約による配線
ハイスピード対話型配線
設計バリアント管理
シグナル・インテグリティ解析

アナログ解析

熱解析

ハイスピード自動配線

▲ ページトップへ




主要な機能の紹介

他社ツールからのデータインポート 回路図設計(xDX Designer)
ケイデンス・デザイン・システムズのAllegro®およびOrCAD®、図研のCADSTAR®、アルティウムのAltium Designer®、P-CAD®、Protel®といった主要な回路図やレイアウトデータからライブラリと設計データを変換してPADSで読み込む事が可能

・直感的に操作できる使いやすい回路図作成ツール
・FPGA などの多ピンデバイスの接続はテーブル形式で簡単接続
・FPGA のHDL 設計にも利用可能
・社内で共有する部品データベースから簡単に部品検索
・PCB レイアウトとの連携
・SI 解析などの解析結果との直接連携

詳細はこちら

▲ ページトップへ



部品情報管理 部品作製ウィザード(LP Wizard)

・業界標準のODBC (Open Database Connectivity)準拠
・企業のコンポーネントデータベースやMRPデータベースと統合可能
・エリアの異なる分散したチームで共通の部品データを使用可能
・部品データベースから簡単に部品検索

詳細はこちら

・部品作成工数を最大で90%削減できるウイザード
・テンプレートに寸法を入力するだけ
・最短 5分でランドパターンを生成
・1万点以上の部品を予め用意

▲ ページトップへ



PartQuestTM PCB レイアウト(PADS Layout)

・Digi-Keyの部品カタログに登録されている85万点以上のシンボルとフットプリントを使用可能

詳細はこちら

・直感的に操作できる使いやすいPCBレイアウトツール
・対話型配線と自動配線をサポート
・3D 表示
・回路図作成ツール(xDX Designer)と連携
・SI 解析などの解析ツールと連携
・IDF ファイル I/F
・設計済のデータを確認できる無償の ビュアー

詳細はこちら

▲ ページトップへ



ハイスピード自動配線 設計資産管理

・多層・高密度基板に有用な高速自動配線
・DFT(テストポイント自動配置)
・COB(チップオンボード)

詳細はこちら(英語)
・必要なデータをまとめてバックアップ
・設計データの履歴管理
・修正前後の設計データの比較
・レポート作成

詳細はこちら

▲ ページトップへ



DFM (Design For Migrartion) チェック 設計バリアント管理

・設計/製造/実装の問題を製造前に解析

より詳細な解析はオプションのDFM解析で解析可能

・ 1つの設計データから部品を替えた複数製品を作成

詳細はこちら

▲ ページトップへ



DRC(HyperLynx DRC) PADS AMSクラウド

・基板全体を高速検証
・シミュレーションで確認すべき危険個所を特定
・8つの検証項目

・検証項目を23に増やし、シグナルインテグリティ(SI)/電磁干渉(EMI)なども検証できるオプションのHyper Lynx DRCもございます。

より詳細な解析はオプションのHyperLynx DRCで解析可能

・オンラインで使用できるアナログとデジタルの混合シミュレーション
・PADS のライセンスを持っていれば無料で使用可能

詳細はこちら

▲ ページトップへ



シグナル・インテグリティ解析(HyperLynx SI) アナログ解析(HyperLynx Analog )

・オーバー&アンダーシュート/リンギング/クロストーク等を解析
・ダンピング・終端抵抗などの最適値を求めるターミネータ・ウィザード
・レイアウト前のPre解析とレイアウト後のPost解析
・オーバーシュート/アンダーシュート/リンギング/クロストーク/タイミング等を解析
・ダンピング・終端抵抗などの最適値を求めるターミネータ・ウィザード機能
・レイアウト前のPre解析とレイアウト後のPost解析が可能

詳細はこちら

▲ ページトップへ



熱解析(HyperLynx Thermal)

・最小限のデータがあれば簡単にPCBの熱を解析
・熱伝導、熱対流、ふく射による放熱効果を確認
・部品配置検討用のプリ/ポストレイアウト解析
・エアフロー・ヒートシンクによる冷却効果の確認

詳細はこちら

・より詳細な解析はオプションの PADS FloTHERM XT®で解析可能

▲ ページトップへ





PADS のオプション

検証ツールをPADS専用に制限することで、検証ツールを単体で購入するよりも大幅に安価な価格でご提供しています。


デザインルールチェック(DRC)
(PADS HyperLynx DRC)
DCドロップ解析(PADS HyperLynx DC Drop)

・23個の検証項目(フリー版は8項目)
・シグナルインテグリティ(SI)/電磁干渉(EMI)なども検証可能
・基板全体を本ツールで検証し、危険部分は他のシミュレーションツールで詳細に確認

詳細はこちら

・基板の高い電流密度や過剰なベア電流個所を特定
・電圧降下の発生個所を特定
・3D表示で視覚的に問題個所を把握

詳細はこちら

▲ ページトップへ



DDR解析(PADS HyperLynx DDR) 電子機器の熱解析(PADS FloTHERM XT)
・DDRやLPDDR検証の設定を楽にするウイザード
・解析結果の合格/不合格をレポート
・波形表示した解析結果に、注意すべき個所をハイライト

詳細はこちら

・パッケージ、PCBレイアウト、筐体内部構造による
熱の影響を解析
・部品や基板上のホットスポットを素早く
・PADS設計フローとMCAD設計フローの両方と密に連携
・強力なソルバとメッシュ分割機能を用いて迅速に解析
・対策した効果は3D動画の熱の流れで確認
・基板データはPADSから自動的に抽出

詳細はこちら

▲ ページトップへ



DFM(Design for Manufacturing)解析

・製造製の問題を設計段階で解消
・100を超える一般的な製造/実装解析ルールを搭載
・Valor® DFM 解析テクノロジを利用
製品説明のリーフレット(英語版)はこちら

▲ ページトップへ