FPGA/CPLD ホーム 製品・サービス IP(Intellectual Property) MegaCore Quartus II サブスクリプション・ユーザに提供する IP Base Suite 無償ライセンス

Quartus II サブスクリプション・ユーザに提供する IP Base Suite 無償ライセンス

IP Base Suite     

設計の時間をさらに短縮するために、アルテラで最も人気のある IP (intellectual property) コア(下記表参照)を MegaCore® IP Base Suite としてパッケージし、Quartus® II のサブスクリプション に無償で追加します。


Quartus II のサブスクリプションを購入されている方

   新規にライセンス・ファイルをダウンロードすることで IB Base Suite を無償で提供します。

     Quartus II ソフトウェア をダウンロードし、MegaCore IP ライブラリをインストールしてください。

     その後、ライセンス・ファイルをアップデートしてください。



Quartus II のソフトウェア・サブスクリプションをご利用でない方

   アルテラの OpenCore Plus (PDF) 評価機能を経由でアルテラの IP コアを使用して設計を

   開始することが可能です。



IP Base Suite の MegaCore ファンクションの内容


IP MegaCore ファンクション

詳 細

FIR コンパイラ

すべてのデジタル信号処理(DSP)アプリケーション向けに 12 以上の主要な FIR フィルタ・アーキテクチャが使用可能です。 Stratix® シリーズ FPGAでの最大クロック周波数は 400 MHz 以上です。

FIR コンパイラ II

多くの FIR フィルタ実装におい、FIR コンパイラと比較して FPGA リソース利用率を大幅に削減し、性能を向上させます。 またユーザー入力に基づき、FIR フィルタ性能、内部パイプライン、そしてロジック・リソース利用率を最適化します。

NCO コンパイラ

デジタル PLL (phase-locked loop)やデジタル・インタフェース・ファンクション用に最適化されています。 複数のアーキテクチャ(ROM ベース、CORDIC ベース、および乗算器ベース)をサポートしています。

FFT コンパイラ

FFT MegaCore ファンクションは、高性能かつ高度にパラメータ化可能な FFT プロセッサです。 FFT ファンクションは、2m (mの範囲は 6 ≦ m ≦ 14)の変換長に対する Radix-2/4 DIF (decimation-in-frequency) FFT アルゴリズムを実装し、内部でブロック浮動小数点アーキテクチャを使用して、変換演算における信号のダイナミック・レンジを最大化します。

UniPHY をサポートする
DDR2 SDRAM コントローラ

新しい高性能 DDR2 SDRAM メモリ・インタフェース・コントローラで、SOPC Builder にも対応しており、アルテラの新しいメモリ物理層と UniPHY をサポートしています。

UniPHY をサポートする
DDR3 SDRAM コントローラ

新しい高性能 DDR3 SDRAM メモリ・インタフェース・コントローラで、SOPC Builder にも対応しており、アルテラ の新しいメモリ物理層と UniPHY をサポートしています。 Stratix III & Stratix IV FPGA の DDR3 メモリ・インタフェースで最大 1066 Mbps で動作します。

ALTMEMPHY をサポートする
DDR SDRAM 高性能コントローラ

高性能 DDR SDRAM メモリ・インタフェース・コントローラで、SOPC Builder にも対応しており、ALTMEMPHY をサポートしています。 完全なシステム・タイミング解析と自動制約の設定等の機能が含まれています。

ALTMEMPHY をサポートする
DDR2 SDRAM 高性能コントローラ

高性能 DDR2 SDRAM メモリ・インタフェース・コントローラで、SOPC Builder にも対応しており、ALTMEMPHY をサポートしています。 完全なシステム・タイミング解析と自動制約の設定等の機能も含まれています。Stratix III & Stratix IV FPGA の DDR2 メモリ・インタフェースで最大 800 Mbps で動作します。

ALTMEMPHY をサポートする
DDR3 SDRAM 高性能コントローラ

高性能 DDR3 SDRAM メモリ・インタフェース・コントローラで、SOPC Builder にも対応しており、ALTMEMPHY をサポートしています。 Stratix III & Stratix IV FPGA の DDR3 メモリ・インタフェースで最大 1066 Mbps で動作します。

QDRII SRAM コントローラ

QDRII SRAM メモリ・インタフェース・コントローラであり、バースト長 2 または バースト長 4の QDRII デバイスをサポートします。

UniPHY 搭載
QDRII/QDRII+ SRAM コントローラ

QDRII/QDRII+ SRAM メモリ・インタフェース・コントローラは、バースト長 2 または バースト長 4の Stratix IV FPGA で最大 400 MHz の QDRII デバイスをサポートします。 また、このコントローラでは、低レイテンシの UniPHY インタフェースを使用します。

RLDRAM II コントローラ

RLDRAM II メモリ・インタフェース・コントローラは、共通した I/O と独立した I/O RLDRAM II デバイスをサポートします。 Stratix II FPGA 最大 300MHz の RLDRAM II メモリ・インタフェースをサポートします。

UniPHY 搭載
RLDRAM II コントローラ

RLDRAM II メモリ・インタフェース・コントローラは、共通した I/O と独立した I/O RLDRAM II デバイスをサポートし、Stratix IV FPGA 最大 400MHz の RLDRAM II メモリ・インタフェースをサポートします。 また、このコントローラでは、低レイテンシの UniPHY インタフェースを使用します。

SerialLite II

SerialLite II は、広範なチップ間、ボード間、およびバックプレーン・アプリケーション向けの、アルテラの第2世代軽量シリアル接続プロトコルです。 SerialLite II は、SerialLite の成功に基づくもので、性能範囲を Stratix II GX FPGA で 622 Mbps から 102 Gbps に拡大し、ロジック要件を平均 60 パーセント削減して最低コストのシリアル相互接続ソリューションを実現します。


 IP 製品の Top へ