28 nm Stratix V FPGA


『すべてはバンド幅のために』


アルテラの 28nm Stratix® V FPGA は、業界で最高のバンド幅、最高レベルのシステム・インテグレーション、究極の柔軟性を実現すると同時に、ハイエンド・アプリケーション向けにコスト削減と最少のトータル消費電力を実現します。


Stratix V FPGAには、以下の4種類の製品バリエーションがあります。


 タイプ

 説明

 Stratix V GT
 FPGA

 40G/100G/400G アプリケーションなどの超広帯域幅および超高性能を必要とする 28 Gbps トランシーバを
 使用するアプリケーション向けに最適化

 Stratix V GX
 FPGA

 バックプレーンおよびチップ間とチップ・モジュール間を最大 14.1 Gbps でサポートする トランシーバ内蔵。
 高性能、広帯域幅アプリケーションに最適化。

 Stratix V GS
 FPGA

 バックプレーンおよびチップ間とチップ・モジュール間を最大 14.1 Gbps でサポートする トランシーバ内蔵。
 多数の可変精度デジタル信号処理(DSP)を必要とする高性能アプリケーションに最適化。

 Stratix V E
 FPGA

 最高性能のロジック・ファブリックを 952K ロジック・エレメント以上集積し、ASIC のプロトタイピング用に最適化。


大量生産製品では、まず Stratix V FPGA でプロトタイピングを行い、設計したデザインをそのまま低リスクかつ低コストの HardCopy® V ASIC に移行させることが可能です。また、消費電力も 50% 低減されます。



28 nm イノベーション〜ムーアの法則を超えて



最大66本の12.5 Gbps & 28 Gbps 低消費電力な内蔵トランシーバ :
  コストと消費電力を制約範囲内に抑えながら、最小のビット・エラー・レート(BER)で画期的なバンド幅を実現

 



Embedded HardCopy Block :
  標準規格あるいはロジック中心のファンクションをハードウェア化し、コストと消費電力を犠牲にすることなく、
  より多くの機能を統合し、2倍の集積度を得ることが可能

 


使いやすく、きめ細やかなパーシャル・リコンフィギュレーション(部分再構成) :
  FPGA の他の領域を動作させたまま、FPGA の一部分のみを再構成して、消費電力とコストを低減

 



PCI Express 経由でのコンフィギュレーション:
  ボード上の外付けコンフィギュレーション・デバイス数を最小限に抑えることで、ボード・デザインを簡素化し、
  コスト削減とボード面積の有効利用が可能



Stratix V について詳しくはこちら

   (https://www.altera.co.jp/products/fpga/stratix-series/stratix-v/overview.html


     Macnica Online Service

FPGA/CPLD デバイス製品シリーズ TOP へ