Arria FPGA シリーズ


Arria®FPGA シリーズは、ミッドレンジに最適な性能と電力効率を提供する FPGA です。

一昔前の ハイエンド Stratix® FPGA シリーズの性能を、最新技術を使って消費電力と単価を下げた製品です。




Arria FPGA シリーズの特徴

Arria FPGA シリーズは Cyclone FPGA シリーズと Stratix FPGA シリーズの中間の性能と規模のFPGAです。
現在量産されているArria 10 ファミリは3種類の製品があり、下記の特徴を持っています。

 最大 1150K ロジック・エレメントの規模
 最大 53Mbのエンデベット・メモリ
 25.78 Gbps をサポートする低消費電力トランシーバ
 PCI Express® (PCIe®)回路 Gen1,Gen2,Gen3
 デュアルコアARM Cortex A9 プロセッサおよびサブシステム
 業界初、ハード浮動小数点演算 DSP ブロックで 最大1.5 TFLOPs の性能


Arria FPGA シリーズの歴史

Arria FPGA シリーズは数年おきに新しいファミリがリリースされています。

一般的に、新しい製品の方が性能が高く、消費電力が低く、同じ回路規模では単価が安くなりますが、逆に前の製品の方が同じ規模ではピン数が多くなります。


Arria GX Arria II GX Arria V Arria 10
製品発表の時期 2007 2009 2011 2013
プロセス・テクノロジ 90 nm 40nm 28nm 20nm

Arria FPGA シリーズのラインアップ

ファミリ名 特 徴

Arria 10

  • Arria V FPGA と比べて 60% 高い性能
  • Arria V FPGA と比べて 40% 低い消費電力
  • Arria V FPGA と比べて、2倍以上ロジック・エレメント(LE)
  • 最大 25.78 Gbps のトランシーバ

Arria V

  • 最大 504 K 個相当のロジック・エレメント(LE)
  • 最大 27 M ビットのオンチップRAM
  • 最大 2,312 個の 18x19 マルチプライヤ
  • 最大 12.5 Gbps のトランシーバ

Arria II

  • 最大 348 K 個相当のロジック・エレメント(LE)
  • 最大 16.4 M ビットのオンチップRAM
  • 最大 1,040 個の 18x18 マルチプライヤ
  • 最大 6.375 Gbps のトランシーバ

Arria GX

  • 第 1 世代の Arria ファミリ
  • 最大 90K 個相当のロジック・エレメント(LE)
  • 最大 4M ビットのオンチップRAM
  • 最大 176 個の 18x18 マルチプライヤ
  • 最大 3.125 Gbps のトランシーバ

Macnica Online Service